【薬剤師が解説】ゼビアックスローションの効果や正しい使い方【ニキビ塗り薬】

ゼビアックスローションの効果や正しい使い方アイキャッチ画像

ニキビができてしまうと「一刻も早く治したい!」と思いますよね。

しかし、ニキビはなかなか自然には治ってくれません。

特に外見上の問題は年齢に関係無く、とても気になってしまいます。

そこで、皮膚科に特化した薬剤師のせいまるが、ニキビの薬ゼビアックスの正しい使い方やスキンケア方法を解説します。

いろんな方法やお薬を調べて試してみたけどなかなか治らない…そんな悩みを解決していきます。

せいまる

ニキビの治療は正しいお薬の使い方を知り、実際に上手に使うのが1番の近道です。一緒にニキビを撲滅しましょう!

ニキビ治療で皮膚科を受診すると処方されるお薬にゼビアックスローションがあります。

ゼビアックスローションは抗生物質の成分を含むタイプの塗り薬です。

ニキビの原因となるアクネ菌に対する抗菌効果をもちますので、炎症を起こした赤ニキビへの治療効果が期待できるお薬です。

この記事ではゼビアックスローションの正しい使い方や治療で気をつけるポイントを解説します。

ニキビ治療に使用されるお薬の塗り薬の使い方・塗る順序について詳細にまとめています。実際にお薬を使う前にぜひ確認してください。

ニキビ治療薬まとめ!塗り薬&飲み薬のアイキャッチ画像 【薬剤師が解説】ニキビ治療薬まとめ!塗り薬&飲み薬【2019保存版】 ニキビ治療薬の塗りかた&塗る順序-完全ガイドのアイキャッチ画像 【薬剤師が解説】ニキビ治療薬の塗りかた&塗る順序【完全ガイド】

ゼビアックスローションとは

無色透明のローションタイプのニキビ治療薬です。

透明なのでお肌に塗っても目立ちにくいので使いやすいお薬です。

有効成分は「オゼノキサシン」という抗生物質の成分です。

ゼビアックスローションの効果

有効成分であるオゼノキサシンは抗生物質です。

オゼノキサシンはニューキノロン系というカテゴリーに分類される成分です。

作用機序としては、ニキビの原因菌のDNAの合成を阻害することで抗菌効果を発揮します。

ニキビの原因菌であるアクネ菌に対して抗菌効果を示すことにより、ニキビの炎症を抑える効果が期待できます。

ゼビアックスローションの使い方

1日1回洗顔後にニキビの上に塗ります。朝と夜のどちらのタイミングでも大丈夫です。

他のお薬と併用する場合は医師の指示が出ていると思われますので、指示の通りに使用してください。

ゼビアックスローションは殺菌タイプのお薬であるため、ニキビの上にピンポイントで塗るようにします。

顔全体に塗るお薬ではありません。

ゼビアックスを塗る前に、洗顔でお肌の汚れを優しく落とし、保湿します。

ニキビの治療では保湿のケアがとても重要です。

保湿剤の効果的な使用方法はこちらの記事で解説しています。合わせてご覧ください。

ヒルドイドの効果と正しい使い方のアイキャッチ画像 【薬剤師が解説】ヒルドイドの効果と正しい使い方【保湿剤】

保湿剤は処方された保湿剤でも、市販の基礎化粧品や保湿剤で大丈夫です。

保湿によりゼビアックスの薬効成分がお肌に浸透しやすくなります。

処方される保湿剤にはヒルドイド(ヘパリン類似物質)やプロペト(ワセリン)などがあります。

 

市販の保湿剤を選ぶときはノンコメドジェニック(ニキビができにくい)保湿剤を選ぶようにします。

  • STEP.1
    洗顔
    しっかり汚れを落とします。

    ただし、肌を直接ゴシゴシこするのではなく泡で優しく洗顔をします。

    洗顔後は柔らかいタオルでこすらずに軽く抑えるように水滴を拭き取ります。

  • STEP.2
    保湿
    洗顔または入浴後すぐに保湿を行います。

    入浴後5分以内の保湿がとくに理想的です。

  • STEP.3
    塗り
    ゼビアックスローションを塗ります。

    赤ニキビの上にのせるように塗ります。

  • STEP.4
    手洗い
    塗った後は手を洗います。

ゼビアックスローションで注意するところ

ゼビアックスローションの有効成分であるオゼノキサシンは抗生剤であるため、耐性菌(オゼノキサシンが効かなくなった菌)ができてしまう可能性があります。

耐性菌ができてしまうことにより、他の薬剤への変更が必要になったり、治療が長引いてしまうリスクがあります。

そのため、赤ニキビの上以外には塗らないようにします。

また、効果が出てくるまでに時間がかかりますので、途中でやめずに継続して塗るようにしましょう。(お薬を塗るのを途中でやめてしまうことも耐性菌をつくってしまうリスクになります)

ニキビの炎症が治った場合はその時点でゼビアックスローションの使用をやめます。

また、1ヶ月程度1ヶ月程度使っても効果が見られない場合は耐性菌がてきている可能性も考えられます。

かかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

ゼビアックスローションの副作用

  • 乾燥
  • かゆみ
  • 刺激感
  • 赤くなる

これらの症状が塗った部分に現れることがあります。

これらの副作用により、ゼビアックスローションの使用がしにくい場合はかかりつけの医師または薬剤師相談してください。

副作用を減らすポイント

ゼビアックスローションの副作用の多くは保湿のスキンケアによって減らすことができます。

皮膚科の治療では保湿が基本かつ最も重要です。

保湿をすることで、皮膚のバリア能力や治癒力が高まります。

そのためゼビアックスローションの副作用を軽減できるだけではなく細菌の感染を防いだり、炎症を抑えることもできます。

保湿効果は洗顔後や入浴後が一番効果的です。

特に入浴後5分以内が一番効果的であると言われています。

しっかりと保湿することが健康な皮膚には最も大切と言えます。

保湿剤は薬局やドラッグストアでも購入できます

薬局などで買える保湿剤にHPクリームなどがあります。

HPクリームは有効成分としてヘパリン類似物質を含みます。

ヘパリン類似物質を0.3%含むため、有効成分の濃度はヒルドイドと同じ量含まれています。

よって、HPクリームはヒルドイドやビーソフテンとして知られている医療用の保湿剤の一般用医薬品版という位置付けと言えます。

一般用医薬品は医師の処方箋が必要なく、保険も使用しないので、薬局やドラッグストアで必要な時に、必要な分だけ、自由な量を購入することができるのが特徴です。

特に病院から大量の保湿剤が処方されていることは近年問題視されており、今後処方が制限されたりする可能性も考えられます。

保湿剤がたくさん欲しい際は薬局やドラッグストアなどで購入されることをお勧めします。

ネット購入も可能

一般用医薬品であるため、楽天などのネット通販でも購入が可能であり、通常のドラッグストアで購入するよりもお得に購入できる場合があります。

保湿剤の処方のためにクリニックや薬局で長時間待つのは退屈だと思います。

せいまる

何よりもクリニックの受診料や薬局の調剤料が勿体無いですよね…

ネット通販などを活用してサッとお得に手に入れてしまうことをオススメします

HPクリームはヒルドイドの保湿有効成分であるヘパリン類似物質を含みますので、ヒルドイドと同様の保湿力が期待できます。

ゼビアックスローションのメリット

1日1回塗るだけで赤ニキビに対してしっかりと効果を発揮します。1日1回で良いことから、治療中の負担を軽減できます。

よくある質問

よくある質問にQ&A形式で解説します。

1日に2回塗ってもいいですか?

ゼビアックスローションの効果は1日1回塗ることで十分に発揮されます。2回以上塗ってもニキビへの効果には差がないことがわかっています。それどころか、副作用のリスクが高くなります。1日1回の用法は必ず守るようにしてください。


塗り忘れたときはどうしたらいいですか?

気が付いた時にできるだけ早く1回分を塗ってください。ただし、1日1回の用法は守るようにしましょう。


他のお薬を塗るときはどういう順番で塗るといいですか?

保湿剤などが同時に処方される場合は、洗顔後にまず保湿剤から塗るようにします。皮膚科の治療では保湿が基本になります。

保湿をすることで、皮膚のバリア能力や治癒力が高まります。

そのため細菌の感染を防いだり、炎症を抑えることができます。

保湿効果は洗顔後や入浴後が一番効果的です。

特に入浴後5分以内が一番効果的ですので、保湿を最優先で行います。


顔のニキビ以外のところに塗ってもいいですか?

ゼビアックスローションは顔以外のニキビにも使用することができます。(他のニキビ薬は顔にしか使用できないものが多いです)しかし、刺激感があることから傷や粘膜(目や口)には入ったりしないようにしましょう。

ただし、必ず医師の指示通りに使用し、自己判断で塗る範囲を広げたりしないようにします。

他の部位にも使用したい場合は、受診時にその旨を伝えて、医師に確認してもらいましょう。

まとめ

  • ゼビアックスローションは抗生物質の成分を含むタイプのお薬です。
  • アクネ菌に対する抗菌作用によりニキビを治療します。
  • 1日1回、洗顔後に使用します。
  • 赤ニキビの上のみに塗ります。
  • 効果が実感できない場合は相談を。
  • 室温で保存します。

ニキビの治療ではお薬を正しく使用することが重要です

少しでも気になることがあれば、かかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

ニキビ治療ではお薬の治療だけではなく生活習慣の改善やメンタル面でのケアも大切です。

 

とくにストレスは皮脂の分泌を高めるため、ニキビの悪化の原因になります。

 

日常のスキンケアに加えて、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

ニキビ治療に使用されるお薬の塗り薬の使い方・塗る順序について詳細にまとめています。実際にお薬を使う前にぜひ確認してください。

ニキビ治療薬まとめ!塗り薬&飲み薬のアイキャッチ画像 【薬剤師が解説】ニキビ治療薬まとめ!塗り薬&飲み薬【2019保存版】 ニキビ治療薬の塗りかた&塗る順序-完全ガイドのアイキャッチ画像 【薬剤師が解説】ニキビ治療薬の塗りかた&塗る順序【完全ガイド】

ニキビの原因についてはこちらの記事でまとめています。合わせてご覧ください。

ニキビの原因はコレ!原因別対策まとめのアイキャッチ画像 【薬剤師が解説】ニキビの原因はコレ!原因別の対策を総まとめ!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

このブログが「役に立った」「いいね!」と感じていただけましたら

是非「フォロー」、「いいね!」をよろしくお願いします。

 

あなたの1フォロー、1いいね!が私のブログ更新の励みになります。

せいまる

応援ありがとうございます!